ドラッガー 『創造する経営者』より


以前に成功をおさめたからといって、今後も以前と同様の仕事のやり方をし続ける経営者というものは、必然的に失敗する運命にある。

厳しい言葉に聞こえてしまいますが、経営というものは柳の下の泥鰌です。

ルーチンを確立する事も大切ですが、臨機応変にお客様の変化や、時代の変化を見極めなくてはなりません。

かといって、失敗がいけないわけでなく、失敗する事によって得る教訓もあるので、そこは失敗を恐れずに慎重かつ大胆にビジネスを進めていく、匙加減が大切なのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です