天才とは、1%のインスピレーションと99%の発汗作用である。byエジソン

天才とは、1%のインスピレーションと99%の発汗作用である。

トーマス・エジソンの言葉としてあまりにも有名ですが、
実は新聞インタビューのときに話した言葉だそうです。

99%の努力 というふうにされている事が多いですよね。

努力する才能というより、その事をしていたらいつまででもできる、つまりバカになれる事を選ぶと天才になれるのかもしれませんね。

アントニオ猪木さんの「バカになれ」というお言葉も同意名言ですよね。

ただ99%夢中に成る事があっても、たった1%でもインスピレーションは大切です。

1%といっても例えば5000万円を1%の単利金利で預け入れしていたら30年後には6500万円となります。

この1%が有る無しで、30年後には1500万円の差が出る訳です。

成果も一緒で、同じように努力していても

・無理に努力する → 向いてない事・すり減るだけ
・楽しんで努力する → 向いている事・セミプロになれる
・楽しんで考えて努力する → 常に向上する・天才になれる

と成る訳です。

実は1%って人生80年と考えると1.4倍の開きが出るんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です