猿の惑星 新世紀 ライジング

saru
広島 税理士 成和税理士法人代表 上中田成二

編集長 先生、また劇場に足を運ばれたそうですね☆
上中田 そうそう「猿の惑星」の最新版「新世紀 ライジング」を観てきたんよ。
編集長 「猿の惑星」って僕らが子供のころからずっとやってる映画ですよね。
上中田 1968年に一番最初の作品が発表されたけんね。
編集長 あ~俺、生れてないです。45年前の映画なんですね!

上中田 一番最初の作品のインパクトはすごかったよ。その流れでずっと見とる感じじゃね。
編集長 最新作はどうでした?
上中田 2011年に発表された『猿の惑星 創世記』からの続編という位置づけなんじゃけどね。もちろん撮影技術も特撮も特殊メイクも進化していて、それはそれで素晴らしいけどね。それでも見終わった感想としては「まあまあ可も無く不可もなく」という感じじゃね。最初の作品の衝撃や斬新さはやっぱりないわいね。やっぱり映画も面白いけど、しっかり予算と時間をかけてつくっとるドラマが面白いわいね(笑)

編集長 HOMELANDもハウスオブカードも新作が出ましたし、ザ・フォロイングの新作もそろそろ出るみたいです!釣りの後輩が、いま24 -TWENTY FOUR-を見始めて寝れない夜を過ごしています。
上中田 24 Live Another DayもDVDになるのは来春かねぇ。待ち遠しいねぇ。
編集長 春遠しですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です