問題やトラブルは 敵でしょうか?

oos
株式会社オオサワ創研 代表取締役社長 大澤仁志

確かに起きて欲しくはないですね。一例ですが、体に異変が起きるとします。多きなハレモノが出来るとか。

 体内にできたら、ガンです。なのにそれが外側に出来たとしたら、すぐに気付くし、ありがたい事です。

 どこかが痛いとしても同じです。痛くなかったら、骨が折れていても歩けます。でも正常には二度と歩けなくなるでしょう。
 仕事をしていて、何も起きないとします。それはたぶん、起きていないのではなくて、見えないところで何かが起きていても気づいていないだけなのかも知れません。

 問題やトラブルを感じることが出来ないと、自分の成長する機会を失いますし、改善して良くなって行くこともありません。

 問題とトラブルは一生起き続けます。周りに影響力のある事が出来るようになっていくほど、それに応じた大きな問題とトラブルが起きます。

 逃げることはできません。だったら出来ることは、感情でどう捉えるか。しかも、乗り越えたり受け入れると同じレベルの問題そのものが激減するか起きなくなります。不思議ですね。

補い合う
 仲間の欠点を補い合うのは良いように思えます。間違いではないではないですが、欠点を補うというのは相手の欠点を見続ける事にもなります。

 相手の良いところをもっと伸ばすように自分にできる事はないか?と考えると仲間の良いところを見続ける事が出来ます。そう考える方がお互い楽しくなるのではないでしょうか。

 本当に直さなければいけない欠点は、そんなにありません。本人のためなら言うべきですし、誰かが指摘します。実質は補い合っているのことになるのですが、高め合う、伸ばし合うと言う言葉の方が、理想だと思います。

 「補い合おうね」より「高め合おうね」が理想的です。

 明日もあなた様に全ての良き事が雪崩の如く起きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です