「お金の使い方」

oos
 お金持ちは口をそろえて言います。
「稼ぐより使うほうが難しい」

この言葉は深いですね。

 「潤沢にお金があるから余る」という意味ではなく、「稼ぎ方よりも使い方」が難しいのです。

よく考えて上手にお金を使ったから、お金持ちになったといえます。お金の使い方にちゃんとその人なりの意味があった。

 さらに言えば、自分だけでなく他人も喜ぶことに多く使った。だから、人が集まり・応援されてまたお金が集まる。という事でしょう。

 お金を悪く言う人は、かなりの確率でお金がたまりません。お金が嫌いだから、無意識(潜在意識)に稼がない・持たない・使ってしまう、ように自分でしています。悪口言う人に、物や人は集まりません。

 お金そのものは意味はないのです。お金の使い方に意味が出てくる。自分が意味をつけているのです。

 お金をためるなら、なぜ貯めるのか、貯めたお金をどう使うのか。ここでも5W1H(2H)がある人とない人では大きく差が出ます。(どこで・なぜ・どのように・・・・・)

 募金も良いですが「稼いでからします」という人は稼いでもまずしません。募金は気持ちです。いくらでも良いのでできるタイミングで出来るだけする。これが、他人が喜ぶ・役に立つときにちゃんとお金を使える人になる練習みたいなものです。「豊かさマインド」を作るのです。

 ユダヤ人は小さいときから、お小遣いや稼いだお金の10%を寄付する習慣があります。(ユダヤ教徒かな?)

 だから、アメリカや世界の多くの場でユダヤ人のお金持ちが多いのも頷けまず。アメリカに世界の1/3の富が集まっていると言われていて、そのほとんどを、富裕層のうち5%しかいないユダヤ人が持っています。アメリカ3億人のうち、2%の人口です。つまり、どれだけ優れた民族(教え)なのか。と言えます。

 お金に対する哲学って深いですよね。学校の先生も知らないから、教育してもらえないので、皆、分からないんですね。だから何でも、興味をもつこと。知ってる人に教えてもらうことが大事です。

 あなた様に全ての良き事が雪崩の如く起きますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です