ニキータ セカンドシーズン

※広島経済スタートライン 2012年10月号掲載
uenakata4
編集長 前回ご紹介していただいた、「タイムライン」、レディ・クレア役のアンナ・フリエルがメチャメチャかわいくてステキすぎでした。
上中田 ホンマ、あんたは、そういう所しか興味がないんじゃねぇ(笑)
どうなっとんかいの。

編集長 へへへ。今回も素敵なやつをお願いします。
上中田 じゃあ今回は映画じゃないんじゃけど、「ニキータ セカンドシーズン」を紹介しようか。ニキータのファーストシーズンは観た?
編集長 いえ、観てません。
上中田 ホンマ、ちゃんと勉強しんさいよ。「24‐TWENTY FOUR‐」が終わって楽しみがない中、まあまあ楽しませてくれるのが、この「ニキータ」かね。
編集長 なるほど・・・

上中田 このテレビドラマは、1991年に上映されたリュック・ベッソン監督の映画『ニキータ』をベースにした話なんじゃけど、決して「続編」という位置づけではないところがミソなんよね。

編集長 映画とは話は続いていないのですか?
上中田 一応、映画の舞台の3年後、という事でファーストシーズンが2010年にスタートしたんよ。ファーストシーズンは全22話。今回のセカンドシーズンは全23話で計45話の人気作じゃね。
編集長 凄いですねぇ。基本的にどんな話なんですか?
< strong>上中田 米政府の秘密組織「ディヴィジョン」の優秀なエージェントかつ暗殺者だった主人公ニキータが、組織を抜けて組織を倒すことに生涯をささげた波乱万丈のドキドキストーリー、とだけ話しとこうかね。昔の映画も含めてフタバかツタヤディスカスで借りて観んさい。
編集長 ありがとうございました。

“ニキータ セカンドシーズン” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です